毛抜きを使った足脱毛の処理のデメリットについて。

足のムダ毛はとても気になります。夏の素足もムダ毛が目立ちますが、ストッキングや生地の薄いタイツのなかで折れ曲がっているムダ毛は結構人の目につきやすいものです。寒い季節は肌の露出が少ない服装になるため、足のムダ毛の処理がズボラになる人も多いのですが、ムダ毛が透けて見えるとどんなにおしゃれをしていても魅力が半減してしまうどころか、不潔な印象を与えかねません。

 

毛抜きを使った足脱毛の処理のデメリットについて。
そこで自分でできる処理としては、カミソリで剃ったり毛抜きで抜く方法があります。しかし、カミソリで剃ると肌の表面にムダ毛が残り皮膚から透けて見えるため、断面の黒いぶつぶつが目立ってしまうことがあります。毛抜きを使って一本ずつ抜いていく方法は、毛根から抜き取るために肌の表面に毛が残ることがないので一見良いように感じられますが、実は複数のデメリットがあり、肌を傷めて取り返しがつかなくなるといったデメリットがあります。

 

毛抜きを使って足脱毛を行うと、毛を抜いたところから細菌が入り炎症を起こす危険性があります。炎症が広がると肌の奥にある真皮層にまで及び、毛穴が広がったり荒れてでこぼこになったりして元のきれいな状態に戻すのはかなり難しくなります。ですので、抜く前と後にはしっかりと消毒してから清潔な状態で行うことが大切です。また、ムダ毛がちゃんと抜けずに途中で切れてしまった時には、埋没毛などの肌トラブルを発生させてしまうケースも非常に多いのです。毛を抜く時には、毛穴の内部に刺激を与えるので、その刺激に反応してメラニン色素が作られて、これが何度も繰り返されると色素がその部分に沈着してしまい、なかなかとれなくなって黒っぽく色素沈着を起こす危険性もあります。このように、毎日行うと肌を傷つけて、黒ずみができたり毛穴のブツブツが目立つ可能性があるので、できるだけ間隔をあけるようにしなければいけません。

 

毛抜きを使った足脱毛の処理のデメリットについて。

 

毛抜きを使った足脱毛は、一本ずつ目で確認しながら処理を行うため、カミソリやシェーバー、ワックス、クリームなどを使う他の自己処理方法と比べても膨大な時間がかかるといったデメリットがあります。長い時間を足脱毛に費やすのはもったいないですね。
痛みもデメリットの一つで、一本ずつ抜くわけなので痛みが伴います。皮膚の薄い部分などは特に痛みを強く感じるようです。
費用がほぼかからない手軽さからカミソリや毛抜きを使った自己処理を選ぶ方が非常に多いのですが、デメリットも多いため注意が必要ですね。